20代から注意すべき野菜とお肌の付き合い方

75-1

20代はお肌の曲がり角だと言われている事を知っていますか?
肌を綺麗に保つにはお肌の外からのアプローチも大切ですが、体の中からのアプローチが一番重要だと思います。特に野菜をしっかりと摂取すると、目に見えて肌の調子が良くなったと言う話も良く聞きますよね。

ここでは20代の今から、どんな野菜をどんな方法で摂取すればお肌を健やかに保っていかれるのか・・・と言う事を詳しくお話していきます!

20代から肌を綺麗に保つための野菜とは?

野菜は肌に良いとよく聞きますが、どんな野菜が肌に良いのか詳しく知っているでしょうか?ここでは簡単に手に入り、20代の今のお肌と、未来の自分のお肌を綺麗に保ってくれる野菜とその栄養素・効果などを詳しく解説していきたいと思います。

やみくもに野菜を食べるのではなく、美肌効果が高い野菜を選び、食べることが肌を綺麗に保つには大切になってきます。

リコピンを摂るなら真っ赤なトマトがおススメ!

リコピンを摂るならトマト

トマトの赤い色の成分【リコピン】は抗酸化力がとても高く、肌の老化を防いでくれる事で有名です。また、肌の老化を防ぐだけではなく血液をさらさらにしてくれる働きもあるうえに、新陳代謝を高めて免疫力まで上げてくれるのです!

最近では美肌効果だけではなく美白効果もあると言われていて有名なモデルさんもトマトを積極的に摂取しているようです。20代から美肌対策さらにはデトックス効果を狙って、トマトを積極的に摂りたいですね。

トマトは生で食べるよりも、油に溶けた状態の方が体に吸収されやすいとされているので、炒め物やスープ等にして食べることをおすすめします。

肌の再生能力を高めたいなら、アボカドがおススメ!

肌の再生能力とアボガド

アボカドは森のバターと言われている食品で、カロリーが高いため敬遠している女性も多くいるのではないでしょうか?アボカドが高カロリーな事は否定できませんが、実は肌を綺麗に保つためにとっても効果的な栄養素がたくさん含まれているのです。

まず、【ビタミンB2】は肌の再生能力を高めてくれる効果があると言われていますし、【ビタミンE】は抗酸化力が高く肌の老化を防いでくれます。

:オイリーなのにニキビは出来づらい

更には【食物繊維】も豊富なのでデトックス効果もあり、体に要らないものが排出されることで肌の調子も良くなってくれるそうです。20代の方は、アボカドはオイリーな食材なので吹き出物が出来てしまうのでは?と心配する人もいるかも知れませんね。ですが、アボカドの良質なオイルは肌艶を良くしてくれる効果も期待できます。

肌の乾燥を防ぐなら人参がおススメ!

肌の感想なら人参が効果的

スーパーなどで手軽に購入することが出来る人参は、実は肌にとても良い食材なのです。人参には【βカロテン】が豊富に含まれていて、体内に入ると【ビタミンA】に変化します。ビタミンAは肌や目の粘膜を守り、潤いを与える効果があります。20代の肌は、潤いがまだ十分ありますが、肌が乾燥してしまってから摂るよりも、日ごろから摂取していることでお肌を保護することができます。

美肌効果の高い野菜をご紹介しましたが、「身近で手に入れやすい物」だとお気づきになりませんか? 普段の食事に取り入れやすい物が多いので、20代からこれらの野菜を食生活の習慣に組み込んでしまうのも良い案ではないでしょうか。

 

20代からお肌のために野菜を毎日無理なく摂取する方法

お肌のために野菜をムリなく摂取

いくら野菜が肌に良いと知っていても、毎日たくさんの野菜を摂取するのは難しいですよね。理想は1日に350グラムの野菜を摂取することですが、毎日そんなに食べていない人が多いと思います。特に仕事で忙しかったりすると食生活も不規則になりがちです。その上、野菜を食べることも少なくなってしまえば、肌の調子も悪くなってきてしまいます。

それでは、20代からお肌を良い状態に保つために、野菜生活を無理なく行える方法をお話していきたいと思います。

加熱して食べる

350グラムの野菜は、生だととても量が多くてびっくりすると思います。とてもじゃないけれど生野菜をそのまま毎日食べると言うのは、出来ないのではないでしょうか。そんな時におすすめなのは、加熱して量を減らして食べるとことです。特に葉物の野菜だと加熱しただけでグンと量が減って食べやすくなります。ただ、お湯で茹でてしまうと栄養素が水に溶け出してしまうので、食べ方の工夫が必要になりますね。

おすすめはスープにして食べること

毎日、理想の量の野菜を摂取するのにおすすめなのは、スープです。
スープなら野菜の栄養素が水に溶け出してしまっても、全て余さずに摂取することができます。加熱するので野菜の量も減り、たくさんの量を食べることが出来るのも、便利な点ですよね。トマトスープ・コンソメスープ・豚汁などと、味もいろいろ変えられるので、飽きずに食べることができ20代からお肌対策を行っていくにはもってこいのお料理方法です。

スムージーにしても良い

ミキサーやジューサーが自宅にあるなら、スムージーにして野菜を摂取してもいいと思います。また、スムージーならミキサーで混ぜるだけなので、スープよりも短時間で出来上がります。忙しい朝も、混ぜるだけでお手軽に野菜を摂ることができるのでおすすめですよ!

もし野菜だけのスムージーは飲みづらいようなら、りんごなどの果物をプラスすると、とても飲みやすくなります。

20代から考えるお肌対策と市販の野菜ジュース

20代からお肌の調子を整えるために野菜を摂取は重要なポイントです。それなら、手軽に飲める市販の野菜ジュースでもいいのではないか?と考えている人もいるのではないでしょうか?

確かに野菜100パーセントの野菜ジュースなら、それでも良い様な気がしてきますよね。ですが、野菜ジュースに使われている野菜は1度殺菌のための加熱処理がしてあって、大切なビタミンが壊れている可能性が高いことを念頭に置いておきましょう。

 

また、20代からお肌のことを考えて、お肌に良い野菜を摂取しようと考えるなら、野菜ジュースなら何でもOKではなく、上記でお話ししたように、トマトやニンジン、アボカドに含まれるビタミン類が摂れるのかどうかもチェックする必要がありますね。ですので、自宅で作るスープやスムージーより市販の野菜ジュースは手軽なのか?そして効果があるのか?と言われれば疑問が残ってしまいそうです。

 

まとめ

野菜は肌の調子を整えるのにとても大切なもの。手に入りやすく肌を綺麗に保ってくれるおすすめの野菜は、トマトと人参でしたね。また、アボカドも肌の艶を良くしてくれるので積極的に摂取していきたい野菜だと言えそうです。

これらの野菜を20代から気をつけて摂取していくことは、今すぐの効果よりも30代、40代のお肌に大きな差となって現れてきます。そのために、毎日無理せずに野菜を摂取できるように、スープやスムージーを利用し、野菜のカサを減らして量をしっかりとる工夫が大事ですね。