市販の野菜ジュースで食物繊維はしっかり摂れるのか

体のために食物繊維を摂取したいと思っている人はとても多いと思います。食物繊維は健康に大切なだけではなく、ダイエットや美肌などの美容にも効果があると言われています。

しかし、その食物繊維を毎日十分に摂取するのはとても大変です。手軽に食物繊維を摂取したくて市販の野菜ジュースを飲む人もいます。でも、それで本当に食物繊維を摂ることは出来ているでしょうか。ここでは、市販の野菜ジュースで食物繊維を十分に摂取できるのかと言うことを詳しく解説していきます!

野菜に含まれている食物繊維について詳しく解説!

食物繊維、体に良いことは知っていても詳しい効果までは分からない…と言う人も多いでしょう。まずは、食物繊維について基本的なことを理解しておきましょう。

食物繊維はどんな効果があるのか、また食物繊維の種類(水溶性食物繊維と不溶性食物繊維)についても触れていきますのでぜひご覧ください!

水溶性食物繊維についてとその効果とは

水溶性食物繊維とは名前の通り水に溶ける食物繊維のことです。

水溶性食物繊維を含む代表的な野菜類とその成分は、キャベツ・大根・熟れた果物に含まれるペクチン、こんにゃくに含まれるグルコマンナン、海藻類(こんぶ・わかめ・もずくなどの)に含まれるアルギン酸やフコダインなどです。

特徴は、いずれもヌルヌルとした粘性があり保水性があります。
その効果は当分の吸収を緩やかにして、食後の急な血糖値の上昇を抑えてくれたり、脂質の吸収を抑える、血中のコレステロール値を下げてくれるなどの働きがあります。また、ヌルヌルした成分が胃腸壁を守り、粘着性があるのでい腸内の移動に時間がかかるため、お腹がすきにくいという効果もあります。

つまり、水溶性食物繊維はコレステロールの改善や糖尿病・心筋梗塞の予防やダイエットにも向いているわけですね。

不溶性食物繊維についてとその効果とは

不溶性食物繊維は水に溶けにくい食物繊維です。
不水溶性の食物繊維を含む代表的な野菜類とその成分は、りんご・大豆(おからなど含む)・ごぼう・穀類などに含まれるセルロース、ごぼう・小麦ふすま・玄米・大豆などに含まれるヘミセルロース、ココア・豆類・イチゴ・なしに含まれるリグニン、えび・かにの殻などに含まれるキトサン、そしてあまり熟れていない果物・野菜に含まれるペクチンです。

特徴は、水に溶けにくい繊維質で水分を含むことで膨らみ、便のカサを増やし腸を刺激することで蠕動運動を良くさせます。そのため排便を促す作用がある他に、腸内で発生する有害物質を体外へ速やかに排出させる働きをしてくれます。また、コレステロールや血圧の上昇をさえるのにも役立っています。つまり、主に腸内環境の改善やデトックスをしてくれるわけですね。

 

市販の野菜ジュースに食物繊維は入っているの?

そもそも市販の野菜ジュースに食物繊維は入っているのでしょうか。

元々入っていなければいくら飲んでもムダになってしまいますよね。ここでは市販の野菜ジュースに食物繊維が入っているのかと言う事、どれくらい含まれているのかと言う事をお話していきたいと思います。

市販の野菜ジュースには食物繊維の一部は入っている

市販の野菜ジュースが食物繊維を含んでいるのか……、結論としては少しは含んでいると言えるでしょう。食物繊維には水分に溶けるものと溶けないものがあり、野菜ジュースに入っているのは水分に溶ける食物繊維だけは含まれています。

溶けない食物繊維は取り除いてしまっているので、まず残っているとは言えません。これは、飲んだときの口当たりを良くするために取り除いてしまうからです。栄養面から言えば不溶性食物繊維を取り除かない方が良いのですが、市販の野菜ジュースは誰にでも飲みやすくするために、取り除いてしまうのでしょう。

どれくらいの量の食物繊維を摂取できるの?

先ほど、食物繊維を少しは含んでいるとお話しましたが具体的には何グラムくらい摂取できるのかと気になりますよね。まず、市販の野菜ジュースを飲んで摂取できる食物繊維ですが約5グラム以下です。1日に摂取しなければいけないと言われているのは約20グラムなので、野菜ジュースだけでは十分な量を摂取できないと言う事になりますね。

市販の野菜ジュースだけでは食物繊維を摂れなかった……

ここまでお話をして、市販の野菜ジュースだけでは十分な食物繊維を摂取することは出来ないという事が分かりました。

もし、市販の野菜ジュースだけで食物繊維をとろうと思ったら毎日大量の野菜ジュースを飲まなければ補うことは不可能ですし、大量に飲むことを想定すると、市販の野菜ジュースに含まれる塩分や糖分をも必要以上に摂取することになり、あっという間に塩分過多や、太るなどの不調が現れることでしょう。

ですので、食物繊維をしっかりとそして健康的に摂取するには、野菜を食時に多く取り入れたり、生野菜ジュースを加えたりするのが良い方法と言えるでしょう。

時間がない、そんな方のための市販の野菜ジュース活用法

生活が忙しく、野菜料理したり、生野菜ジュースを作る時間なんて無い!と言う人もいるでしょう。そんな時はやっぱり市販の野菜ジュースに頼りたくなりますよね。ですので、市販の野菜ジュースの選び方に注意してみてください。食物繊維がなるべく多く含まれているもの、塩分や糖分にも気を付けて選ぶ事が大切ですね。

また、多忙な方は外食も多いでしょう、ですのでコンビニのお弁当+野菜ジュースやレストランの定食に野菜炒めやサラダの付いたものを選ぶ、ファーストフードならプラスしてサラダをつける、こんなチョイスの仕方で食物繊維を摂っていくことができますね。

 

まとめ

市販の野菜ジュースで食物繊維が十分に摂取できるのか……、結果としては難しいと言えるでしょう。

市販の野菜ジュースにも水溶性食物繊維が含まれているものの、不水溶性食物繊維は含まれないので、一日に摂取しなければいけない量にはまったく届きませんし、体の中の有害物質を排出してくれる様な効果は殆ど期待できないのではないでしょうか。健康維持のために食物繊維を摂取したいなら、やはり野菜を食事に取り入れたり、生野菜ジュースを利用し、市販の野菜ジュースは補助的に利用していくことが効果的だと言えるでしょう。