野菜ジュースとダイエットの相性は。栄養素から考えてみた

野菜ジュースダイエットは体質改善にも効果のあるダイエット方法として注目を集めています。

では具体的にどんな栄養素が摂取できて、どんな栄養素がダイエット効果に繋がるのでしょうか。ここでは野菜ジュースからとれる栄養素に着目してダイエットに繋がる理由や、すべての人に同じように効果が期待できるのかなどを調べてみました。

野菜ジュースで栄養が取れるの?

野菜不足を感じたときに市販の野菜ジュースを買って飲んでいる、という方はたくさんいるのではないでしょうか。

市販の野菜ジュースを飲むと、ちょっと健康になった気分にもなれますよね。成分表を見ればさまざまな栄養素が書かれていて更に安心感が増しますが、本当に必要な栄養素は摂取できているのでしょうか?

また生野菜ジュースはその点は安心なのでしょうか。

野菜ジュースでは摂れない栄養素がある

本来野菜にはたくさんのビタミンやミネラル、食物繊維などが含まれています。

市販の野菜ジュースを作る工程には殺菌のための加熱処理があります。野菜に含まれているビタミンCは熱に弱く、加熱処理でほぼ失われてしまいます。食物繊維も口当たりを良くするためにほとんど取り除かれているのだとか。野菜ジュースでビタミンCや食物繊維が多く入っているものがありますが、それは加熱処理後に添加されたものです。

逆に生野菜ジュースは、加熱処理などをしないので、ビタミンCや酵素などは失われません。ですが、食物繊維はジューサーを使った場合ほとんど取り除かれます。ミキサーを使う場合は、残るので摂取することが可能です。

野菜ジュースで摂りきれなかった栄養素をとるには

製造過程においてほぼ失われるビタミンCや食物繊維は、どのように補給すれば良いのでしょうか。実はビタミンCは野菜以外にも海苔やハム、ベーコン、果物などに含まれていて普段の食生活で十分に摂取できていると言われています。食物繊維に関しては食事からの摂取が望ましいですが、難しい場合にはサプリメントや青汁などを活用すると良いでしょう。

 

野菜ジュースから摂取できる栄養素

市販の野菜ジュースは製造過程において失われる栄養素があるとお話ししましたが、その逆に効率よく摂取できる栄養素があります。栄養素によっては、加熱処理をしたことで吸収率が良くなるものもあるのです。

β-カロテン

ニンジンには抗酸化作用のあるβ-カロテンが豊富に含まれています。体の老化には活性酸素が大きく関わっているのですが、β-カロテンの持つ抗酸化作用が活性酸素を抑制する働きを持っています。β-カロテンは生の状態で食べるよりも野菜ジュースに加工する際の加熱よって吸収率が1.5倍に上がります。

リコピン

トマトに含まれているリコピンも強い抗酸化作用を持つ栄養素の一つです。β-カロテンと比べると抗酸化作用はなんと2倍にもなるのだとか。そんなリコピンも生のままで食べるよりも野菜ジュースにすることで吸収率が約4倍になります。リコピンも加熱処理をすることで体に吸収されやすくなるのです。

 

野菜ジュースの栄養素がダイエットに繋がる理由

野菜ジュースダイエットは無理なダイエットと違って栄養不足に陥ることなく健康的に痩せられるということで注目を集めています。

太りやすい体質から痩せやすい体質に変えられるのも野菜ジュースダイエットの魅力です。では、野菜ジュースのどんな栄養素がダイエット効果をもたらしているのでしょうか?

酵素の効果

酵素は消化や代謝に必要な栄養素です。
酵素を補給することで消化が進み、老廃物が腸に溜まりにくくなってスムーズに体外へ排出されるようになります。また、代謝も上がることから痩せやすい体質になるのもダイエットに繋がる理由だと言えるでしょう。

腸がキレイに

野菜ジュースを飲むことで食物繊維も摂取することができます。
食物繊維を摂取することで便秘解消が期待できます。腸内に老廃物が溜まっていると消化が進まずに脂肪や糖質を余分に吸収し、太りやすい体質になってしまいます。腸がキレイになれば代謝が上がって脂肪がつきにくくなります。

体を温めて痩せやすい体質に

玉ねぎやかぼちゃ、しょうが、大根、赤ピーマン、人参などの野菜は体を温める効果があります。体を温めることで基礎代謝が上がり、痩せやすい体質を作ることができます。じわじわと体質が改善していくので長く続けることが大切です。

ビタミンやミネラルが代謝アップに繋がる

野菜にはビタミンやミネラルがたくさん含まれています。
ビタミンB群であるビタミンB1・B2・B6や葉酸などの栄養素は糖質や脂肪の代謝を助ける働きがあり、ミネラルは摂取することで酵素が活性化し、代謝の向上に繋がります。ただしビタミンB群に関しては短時間に多量摂取をすると摂りすぎた分はそのまま体外に排出されるのでバランスよく摂取するのが理想です。

 

上記のことを総合してみると、野菜ジュース、市販と生野菜ジュース、両方を上手に使うとダイエットとの相性はかなり良い、と言えるのではないでしょうか。さて、ここで野菜ジュースダイエットは万人向きか、という点もチェックしておきましょう。

 

どんな人にも野菜ジュースダイエットは効果がある?

痩せやすい体質にしてくれる野菜ジュースダイエット。
無理に体重を減らすのではなく、必要な栄養を摂りながら健康的に痩せることができるので試したいと思う方も多いかもしれません。

メリットがたくさんある野菜ジュースダイエットですが、実践をしたらすべての人に効果はあるのでしょうか?調べてみると、どうやら野菜ジュースダイエットが合わない方もいるようです。

胃腸が弱いなら要注意

野菜ジュースダイエットのメリットの一つに食物繊維を摂取できる点があります。

しかし、胃腸が弱い方にはそれが裏目に出てしまうこともあるようです。胃腸や消化器官が弱い方が食物繊維を摂りすぎてしまうと下痢になったり、便秘を引き起こす可能性があります。野菜ジュースとの相性は試してから分かることなので、胃腸や消化器官に不安がある方は少しずつ実践して様子をみることをおすすめします。

もし合っていないと感じたら

もし野菜ジュースダイエットを試してみて体質と合っていないと感じたらそのまま無理に続けてはいけません。他のダイエットに切り替えるか、野菜ジュースの量を減らして体を少しずつ慣らしていくと良いでしょう。

 

まとめ

野菜に含まれているビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素は体の代謝を上げたり痩せやすい体質に改善してくれます。これらの栄養素を効率よく摂れるのが野菜ジュースの良いところですので、市販の野菜ジュースと生野菜ジュース、それぞれの利点を生かして利用するとダイエット効果が期待できます。

もちろん、野菜ジュースを摂っていると言ってもジュースで摂取できる野菜は限られますので、ジュースに出来ない野菜は食事から摂る!これを心がけることもダイエットを成功させる秘訣ではないでしょうか。