野菜不足なあなたに適した野菜ジュースダイエットメニュー

野菜不足解消に野菜ジュースを飲んでいる方は多いことでしょう。野菜不足解消プラスアルファの効果を狙っている方もいらっしゃるのでは?

野菜ジュースは栄養を補うだけでなく、なんとダイエット効果も期待できるのだとか。

そこで今回は野菜ジュースダイエットの注意点や市販品と手作り野菜ジュースの違い、野菜ジュースダイエットのやり方、そしておすすめメニューなどをご紹介します。

市販品と手作り野菜ジュースどちらで野菜ジュースダイエット?

野菜ジュースダイエットを始める際に迷うのが市販品を使うか、手作りでチャレンジするかではないでしょうか。そもそも市販品と手作り野菜ジュースにはどんな違いがあるのか注目してみました。

質の違いはある?

市販品と手作りとでは質に違いが出てきます。
手作りは野菜そのものをミキサーなどに入れるので、野菜の栄養や食物繊維をそのまま摂取することが可能です。市販の野菜ジュースは作る過程で殺菌のために加熱処理がされるため、熱に弱いビタミンCはほぼ失われます。

また、口当たりを良くするために食物繊維も多く取り除かれています。

ただし、市販の野菜ジュースには栄養が全くない、というわけではありません。失われたビタミンCは加熱処理後に添加されたり、食物繊維を含んでいる野菜ジュースもあります。市販品には成分表が記載されているのでそこで確認をすると良いでしょう。

市販品のほうが高い栄養価のものもある

加熱されることによってその栄養価が吸収されやすくなるものもあります。例えば、トマトに含まれるリコピンは生のままの3.8倍、人参に含まれるβカロテンは1.5倍の吸収率の良さがあげられます。

それでは次に、野菜ジュースダイエットを実行するうえでの注意点を見ていきましょう。

 

野菜ジュースダイエットで気を付けること

野菜ジュースを使って少しでも栄養を摂り入れながらダイエットをしていく野菜ジュースダイエットは魅力的ですが、注意点をいくつかご紹介します。

野菜ジュース、カロリーにご注意を!

野菜ジュースダイエットをする際、市販の野菜ジュース/手作り野菜ジュース、いずれにしても注意したいのがカロリーです。市販の野菜ジュースには果物を多く使っているものもあり、カロリーが高い場合があります。野菜だけのジュースを見ても、メーカーによってカロリーはさまざまです。

手作りの野菜ジュースの場合も、果物を入れすぎるとカロリーが高くなるので注意しましょう。

高速ジューサーは避けて

野菜には酵素が含まれていて、消化と代謝に大きな役割を担ってます。
私たちの生命維持に必要不可欠な栄養素ですが、熱に弱い性質を持っていて高速ジューサーを使うと回転熱で酵素が壊れてしまいます。手作りで野菜ジュースを作るなら低速ジューサーや、一部の酵素は壊れてしまいますがミキサーが良いでしょう。

また、食物繊維をしっかり摂りたいなら、2種類の食物繊維を丸々摂取できるミキサー(ブレンダー)が野菜の持つ栄養素を余さず摂ることができます。

手作り野菜ジュースは作り置きをしない

手作りの野菜ジュースは作ったその日にすべて飲むのがおすすめです。
時間が経つほど風味や栄養がどんどん落ちていきますし、酸化してしまっては栄養素も破壊されてしまいます。せっかく作ったならおいしく飲めるうちにいただきましょう。

野菜はよく洗ってから!

手作り野菜ジュースは野菜をそのままミキサーにかけるので残留農薬が気になるところ。ミキサーにかけるときにはしっかりと水洗いをしましょう。日本の農薬は水溶性なので水で洗い流せば大丈夫だと言われています。

市販品でダイエットをするときの野菜ジュースの選び方

市販品を選ぶ際には砂糖や食塩が使われていない、可能であれば無添加のものがおすすめです。ビタミンCや食物繊維などは食事から摂ったり、サプリメントを活用するなどして対策を考えることも必要ですね。

 

野菜ジュースダイエットのやり方

野菜ジュースダイエットは野菜に含まれるビタミンやミネラルを摂取して自律神経の活動を助け、基礎代謝をアップします。また、痩せやすい体質を作りながら食物繊維も摂取できるので満腹感を得やすくなり、無理なく食事制限ができるというメリットもあります。

それでは野菜ジュースダイエットのやり方をご紹介しましょう。

朝食を野菜ジュースに置き換える

まず1つめは、朝食は野菜ジュースだけを飲み、昼食・夕食は普段通りの食事をするという方法です。朝食を野菜ジュースに変えたからといって気を抜いて間食をしたり、ご飯をたくさん食べては全く意味がなくなってしまうので注意が必要です。

毎食前に野菜ジュースを飲む

もう1つは、朝・昼・晩と3食食べる前に200mlくらいの野菜ジュースを飲む方法です。先に野菜ジュースを飲むことで食事の量を減らすのが狙い。この場合もいつも通りのご飯の量を食べたり間食をしては意味がありません。食事の量を意識的に減らして間食をしたいと思ったら野菜ジュースを飲むなど、対策を練っておきましょう。

 

おすすめの野菜ジュースダイエットメニュー

ではダイエットに適した野菜ジュースのメニューにはどんな組み合わせがあるのでしょうか。むくみ解消や、カルシウム補給、などプラスアルファ効果のあるものを調べてみましたので、あなたに適したメニューを作れますよ!

野菜ジュース初心者さんにもおすすめ:チンゲンサイを使った野菜ジュース

材料

  • チンゲンサイ:2~3束
  • 調整豆乳:1L
  • りんご:1/2個
  • バナナ:1本
  • みかん:1個
  • はちみつ:適量
  • 水:30cc

チンゲンサイとりんごは水で洗って手で小さくちぎります。バナナ・みかんは皮をむいて小さくカット。次にチンゲンサイとりんご、水をミキサーにかけて布でこします。空いたミキサーに今度は豆乳(適量)とバナナ、みかんをミキサーにかけてザルでこしながらボウルへ移します。残りの豆乳と布でこしたチンゲンサイ・リンゴの汁、はちみつを加えて完成です。

チンゲンサイにはビタミンやβ-カロテンのほか、余分な塩分を排出するカリウムや骨を育成するカルシウムが豊富に含まれています。豆乳やチンゲンサイのくさみも少ないので野菜ジュース初心者という方にもぜひ試していただきたい野菜ジュースです。ダイエットのみならず健康にも良いのでぜひお試しあれ。

ダイエットビギナーにもおすすめ:水菜と果物の野菜ジュース

材料

  • 水菜:1束
  • バナナ:1本
  • りんご:1/2個
  • みかん:1個
  • 水or緑の野菜ジュース:100cc

水菜とリンゴは水で洗ってください。みかんとバナナは皮をむきましょう。全ての材料を1口大の大きさにカットしてミキサーにかけます。果物が多めなので野菜ジュースダイエットのとっかかりメニューとしておすすめです。

むくみも取れるデトックスジュース

材料

  • セロリ:50グラム
  • ニンジン:100グラム
  • キャベツ:100グラム
  • りんご:1/4
  • バナナ:1本レモン:(ワックスなし):1/8個
  • 水:200cc
  • 氷5~6個

材料を適当な大きさにカットしてミキサーに入れるだけ。ニンジンやりんご、レモンは皮ごと入れてミキサーにかけてしまいましょう。むくみが取れるぶん、トイレが近くなるので注意が必要だとか。効果抜群ですが、5日以上連続して飲むのは控えましょう。

カルシウム補給:ニンジンとバナナのジュース

材料

  • バナナ:1本
  • ニンジン:1本
  • 牛乳:150ccだけ

こちらも適当な大きさに切ってミキサーですべて一緒に入れてしまいます。撹拌後に材料がなめらかになるまで混ぜ合わせて飲んでください。ニンジンのβ-カロテン、ビタミン、牛乳のカルシウムがいっぺんに摂れて、バナナの甘さが飲みやすくしてくれますよ。

脂肪燃焼促進ジュース

材料

  • ニンジン:1/3本
  • 大根:5cm
  • りんご:1/2個
  • はちみつ(オリゴ糖も可):大さじ1杯
  • ヨーグルト(無糖):100g
  • 水:100cc

材料を適当に切ってミキサーにかけます。生姜を入れるとさらに脂肪燃焼促進効果がアップしますよ。大根の辛みが苦手な方は葉の付いている上の部分を使って作ってみてください。

 

まとめ

野菜ジュースダイエットは野菜に含まれるビタミンやミネラル、食物繊維を摂取しながらダイエットができます。

代謝が上がって痩せやすい体質になり、食物繊維の効果で腸内環境も整って便秘解消に繋がりさらにダイエット効果が期待できます。野菜ジュースは野菜不足解消におすすめですが、あくまでも補助的なものだと思って普段の食生活に野菜を加えることも忘れずに。ダイエットを成功させやすくなりますよ!