キャベツメインの生野菜ジュースのレシピ紹介

健康のために手作りの野菜ジュースを飲むようにしよう、と考える人が増えてきているみたいです。野菜ジュースは市販のものもありますが、栄養素を効率的に摂取するにはやはり手作りの生野菜ジュースが一番良いのではないでしょうか。

ただ、野菜ジュースを作るには材料が必要・・・そこで、出来るだけ手に入りやすい野菜で美味しく飲むことが出来るものは何かを考えてみました。ここでは一年中手に入りやすいだけではなく、とてもたくさんの栄養を含んでいる「キャベツ」を使った美味しい生野菜ジュースのレシピを紹介していきたいと思います。もちろん、美味しいレシピだけではなくキャベツの栄養素や効能などにも触れていますのでぜひ試してみてくださいね!

キャベツの栄養素と効果とは?

キャベツで生野菜ジュースを作る前に、まずその栄養素を知っておきましょう。

普段何気なく食べているキャベツですが、実はとっても栄養が豊富なんです。ここでは、キャベツに含まれている栄養素と効果について詳しく解説していきたいと思います。

キャベツに含まれるビタミンCのたくさんの効果!

キャベツには多くのビタミンCが含まれています。ビタミンCには抗酸化作用があり、肌の老化を抑えてくれて美肌にしてくれる効果があるのです。また、それだけではなく疲労回復や免疫力アップにも役立ってくれます。

キャベツを食べるだけで肌が綺麗になり風邪を引きにくくなるなら積極的に摂取していきたいですね。

ビタミンUで胃潰瘍や十二指腸潰瘍を改善できる!

キャベツにはビタミンUと言う栄養素が含まれています。
ビタミンUと言っても分からない人が多いかもしれません、でも、「キャベジン」なら聞いたことのある人は多いのではないでしょうか。この栄養素は胃潰瘍や十二指腸潰瘍を改善してくれる効果があります。

もちろんただの野菜なので万能と言うわけではありませんが、胃腸を守ってくれる効果がある事は確かなので、胃の調子が気になる方はぜひジュースにして飲んでほしいと思います。

なんと抗ガン作用まで!

キャベツには抗ガン作用まであるといわれているのです!
イソチアシアネートと言う栄養素が含まれていて、これが発がん性物質を活性化させないようにしてくれると言われています。普段から食べているキャベツに、抗がん作用まであるとはびっくりですよね!

便秘の改善にも役立ってくれるキャベツ

女性は特に便秘に悩んでいる人が多いですよね。
キャベツには食物繊維が多く含まれていて、毎日適量食べると便秘の改善にもつながります。多く食べ過ぎてしまうと逆効果になってしまう場合もあるそうなのであくまで適量を意識して摂取しましょう。薬に頼らなくてもキャベツで便秘が治るのなら嬉しいですよね。

 

キャベツをメインに使用した野菜ジュースレシピ5選!

キャベツの栄養や効能について理解したところで、さっそく実践してみましょう!

もちろん野菜ジュースを作りたいと思ったのは良いけれど、レシピが分からないと言う人は多いでしょう。また、自分で作ってみたら美味しくなくてとてもじゃないけれど飲めなかった……なんて経験をしている人もいますよね。生野菜ジュースは組み合わせが悪いと飲めた物ではない味に仕上がってしまいます。

ここでは簡単で美味しいキャベツメインの生野菜ジュースのレシピとその効果について詳しく説明していきます!

レシピ1:便秘に効果「キャベツ+バナナ」

野菜ジュースに初めて挑戦するならキャベツとバナナを使用して生野菜ジュースを作ってみてはどうでしょうか。元々そんなにキャベツはクセが無いのでほぼバナナジュースのようにゴクゴクと飲める味になると思います。

キャベツには食物繊維が多く入っていて便秘解消にも効果的です。ただ、キャベツとバナナだけで生野菜ジュースを作るととてもドロっとしたジュースになってしまうので豆乳や水を少し入れると更に飲みやすくなるでしょう。

飲みやすいと言う事が続ける為には大切ですから、この組み合わせはいいかもしれませんね。

レシピ2:美肌効果「キャベツ+いちご」

甘いいちごとキャベツを使用して生野菜ジュースを作ってみるのも良いと思います。いちごにはシミやそばかすを防いでくれる効果もあるので美肌に気をつけたいと考えている人におすすめです。甘さが少ないものを使用すると酸っぱい野菜ジュースになってしまうので、その場合は少し蜂蜜などを加えてみてはどうでしょうか。

キャベツの味よりもいちごの味が勝るので飲みやすく美味しいと感じる事が出来ると思います。

レシピ3:美容と血液サラサラ「キャベツ+りんご」

キャベツを使用した野菜ジュースで人気が高いのがりんごを一緒にジュースにしたものです。この野菜ジュースの魅力はなんと言っても飲みやすく一年中手に入りやすい材料だと言うことですね。りんごにはリンゴポリフェノールが含まれていて、美容に効果的だといわれています。また、血液をサラサラにしてくれて健康を保ってくれる効果も期待できます。

レシピ4:むくみ解消「キャベツ+すいか」

夏に手に入りやすいのはすいかですよね。
キャベツとすいかの生野菜ジュースはとても飲みやすくておすすめです!すいかはむくみ対策に効果的なのでデスクワークで足がむくみがちな人や妊娠中の方にいいのではないでしょうか。

すいかは甘さも十分にあるので他に甘みを足さなくても飲みやすく、美味しいので続けやすいと思います。夏にしか手に入らないと言うところがネックですが、夏の間の風物詩として楽しんでみてはどうでしょうか。

レシピ5:美容と健康「キャベツ+オレンジ+キウイ」

キャベツとオレンジとキウイを使用した野菜ジュースはとてもフルーティーで飲みやすく野菜ジュース初心者でも抵抗無く飲むことが出来るのではないでしょうか。

また、オレンジもキウイもスーパーで簡単に、しかも安価に手に入れることができるので節約中だという人でも手軽に始めることができるでしょう。オレンジやキウイには冷え性を改善してくれる効果があったり、コラーゲンを作ってくれたりします。美容にも健康にも良いのでぜひ試してみて欲しい組み合わせです。

 

まとめ

キャベツはクセの無い野菜なので、生野菜ジュースにしても飲みやすく続けやすいものだと言えそうです。オススメはバナナやりんごと一緒にジュースにする事で、美肌効果や便秘の改善などに役立ちます。飲むだけでデトックスにもなり肌も綺麗になると言うのは嬉しい効果ですよね。

体に良い栄養素がとても多く含まれていて、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を改善できたり、なんと抗がん作用まであるといわれているキャベツは、一年中手軽にスーパーで購入できる野菜なので誰でも気軽に生野菜ジュース作りを始められる所もいいところだと思いました。