野菜ジュースの「濃縮還元」の意味とは?

野菜ジュースの成分表、詳しく確認したことはありますか?市販されている多くの野菜ジュースには「濃縮還元」という表示があります。一見、野菜の成分がギュッと詰まった身体に良さそう!というイメージを持ちやすい「濃縮還元」ですが、その意味を知ると野菜ジュースに対する考えがひっくり返るかもしれません!

そこで今回は、野菜ジュースの「濃縮還元」の意味を中心に説明していきたいと思います。

野菜ジュースだけで1日分の野菜が補えるのか

私たちが健康な毎日を送るためには、1日に350gの野菜を摂らないといけないのはご存知ですか?具体的に想像しにくい量ですね。ですが、コンビニやスーパーなどで見かける「1日分の野菜が取れる」という野菜ジュースを見ると、これを飲んでおけばOK!と勘違いする人が多いことは無理もないことかもしれません。では、本当にOK、なのでしょうか?

野菜ジュースはコーラと変わらない?

実は、果汁100%と表記されていたり、1日分の野菜が取れると謳われていても、実際にはコーラやその他ジュースと変わらない野菜ジュースが存在します。そのカラクリが「濃縮還元」という製法にあるのです。そもそも世の中にある果汁100%が無添加だと思ったら大間違い。

では一体、「濃縮還元」の野菜ジュースはどういったものなのでしょうか?

 

濃縮還元について

濃縮還元と書かれている市販の野菜ジュース… どんな方法で濃縮するのでしょうか?また、野菜のすべてを濃縮して、還元しているのでしょうか?

濃縮還元製法とはどんなもの?

濃縮還元とは製法の一種で、熱によって水分を飛ばした果汁を、ペースト状にして冷凍保存します。そして、このペーストを5〜6倍の水分を加えてもとの濃度に戻すという製法です。

実は、この「水分を加えて体積を増やす」工程が国内で行われていた場合は「国内製造」と記載しても良い決まりになっていますが、実際には海外のどこで生産されたかわからない野菜ジュースが多いのが現状です。

市販されているほとんどの野菜ジュースが濃縮還元の理由

元々の果汁を濃縮して、体積が5〜6倍小さくなると、その分だけ運輸や保管のコストが抑えられます。単純な話、空輸の時に果実や野菜をそのまま送るよりも、5〜6倍のコストを抑えられるということなので、製造元からするとかなり効率が良いことがわかりますよね。市販されている野菜ジュースのほとんどが濃縮還元なのも、これが理由なのです。

野菜本来の栄養素について

濃縮還元では過熱や、冷凍をするためビタミンはダメージを受けます。
ビタミンCはとても熱にいため、濃縮還元製法の野菜ジュースでビタミンCが含まれている場合は、還元する際にあらためてビタミンCを後から添加しています。ダメージの大小はありますが野菜そのままのビタミンを摂取できているとは考えないほうがよさそうです。

また、野菜や果物の皮の部分は“第6の栄養素”とも言われるファイトケミカルが含まれており、病気や老化の進行を妨げる抗酸化作用があるのです。しかしながら、濃縮還元の製法により熱を加えてしまうと、これらの栄養素はほとんど失われてしまいます。

ですが、濃縮還元によって、効率よく摂れるようになるビタミンがあることも確かです。トマトに含まれるリコピンなどはそのいい例です。

製造の過程で味や香りがなくならないのか?

加熱によって水分を飛ばしてしまう製造の過程で、風味や香りやほとんど失われます。それは、上の項目でお話しした栄養素の破壊が原因なのです。

その代わりに、香料や甘味料などの添加物を使用することになります。

食物繊維がほぼゼロ?

野菜の多く含まれている食物繊維。
お通じにも良いですし、食欲をコントロールしてくれるので健康的な日々を過ごすには欠かせない成分ですよね。しかしながら、濃縮還元の場合製造の過程で食物繊維はほとんど取り除かれてしまいます。

水溶性食物繊維は残ると言われますが、不溶性食物繊維はゼロです。その理由は、食物繊維によって飲みにくい、のど越しが悪くなるから・・・。つまり、食物繊維をとろうと思って野菜ジュースを飲んでいても、実はあまり意味がないことなのです。

 

濃縮還元ジュースとストレート果汁やフレッシュジュースの違い

瓶詰めのポンジュースと、市販されている100%のパックジュースを想像してみてください。同じ100%でも、瓶詰めのポンジュースが色も味も濃厚に感じませんか?いずれも果汁100%という部分は変わらないのに、これは一体どういうことなのでしょうか。

ストレート果汁について

濃縮還元のジュースは加工によって作られていますが、ストレート果汁の野菜ジュースは果実をそのまま絞ったものになっています。絞ったものを冷凍させて運輸し、容器に移される仕組みです。

野菜や果物本来の風味や香りがそのまま生かされているのは事実ですが、全くの無添加だとも言い切れません。なぜなら殺菌加工がなされているからです。

フレッシュジュースについて

では、ストレート果汁のように殺菌もしていないジュースをなんと言うか?これをフレッシュジュースといいます。喫茶店やレストランで見かけるフレッシュジュースは、あくまでも「その場で飲む」ことを前提として提供されていますが、天然ゆえに時間が経つと雑菌の繁殖が懸念されます。

100%でないと「ジュース」と表記できない!?

実は、「野菜ジュース」など「ジュース」と呼ばれるものはすべて果汁100%。
これは、日本のJAS法で決められているルールで、果汁が99%以下は「ジュース」と表記してはいけないことになっています。このような場合、成分表には「果汁入り飲料」などと表記されています。

 

まとめ

野菜ジュースの濃縮還元という意味には戸惑いますね。確かに野菜や果物100%のジュースがベースに作られていますが、それはフレッシュジュースとも、ストレートジュースの100%とは別物です。含まれる栄養についても、製造の過程で無くなってしまう物、ダメージを受けるもの、逆にしっかりと残って生鮮品より栄養価の増えるものなどがあります。

濃縮還元の意味を理解して、上手に利用する・・・選択肢の多い私たちの生活に欠かせないよりよく生きる技かもしれませんね