野菜ジュースの栄養の吸収率が悪い?

スーパーやドラッグストア、コンビニにはさまざまな野菜ジュースが並んでいます。それだけ需要が高いということですね。 野菜を手軽に摂取できると言われる野菜ジュースですが、本当に野菜を食べているのと同じような栄養が取れているのか……気になったことはありませんか?

野菜ジュースを飲むことで、本当に野菜の栄養が吸収されているのでしょうか。

市販されている野菜ジュースの吸収率

市販されている商品は、効果や使っている野菜もさまざまで種類も豊富で、手軽に野菜を摂取できるとして若い人から年配の人まで人気がある野菜ジュースです。

野菜を直接摂取するよりも野菜ジュースの方が栄養の吸収率はいいのでしょうか。

加熱処理による栄養阻害

野菜ジュースを作る際には加熱処理をする場合があります。これはジュースのほとんどに共通する「濃縮還元製法」やストレートジュースを安全に提供するための加熱処理です。ところが、この加熱処理方法を行うと、野菜の栄養の吸収率を減らしている野菜の「細胞壁」を壊してしまいます。

そして、野菜の中には熱に弱い種類があります。その代表としてよく挙げられる栄養素がビタミンCです。ビタミンCは肌をきれいにしてくれたりシミを消したり、大きく欠乏すると老化が進む原因や壊血病を引き起こすことにもなる、健康には欠かせない成分です。

しかし、熱処理をすることが一般的な野菜ジュースの場合、ビタミンCが壊されてしまい吸収率が悪くなってしまいます。これはビタミンCを含む物、ミカンやいちご等も同じです。

反対に、加熱すると吸収率が高くなる栄養素があります。ビタミンB1やカロテンは加熱することで体への吸収率が高くなるため野菜ジュースにした場合、生で食べるよりもリコピンは約3.8倍、ベータカロテンは約1.5倍も吸収率が上がったという研究結果もあります。

粉砕処理による栄養阻害

野菜の細胞壁を壊してしまう加熱のほかに、粉砕処理を行うことがあります。簡単に言えば、すりつぶしたりすることで野菜の栄養を吸収しやすくしています。しかし、逆に栄養素を壊してしまう可能性も指摘されています。

 

自家製野菜ジュースの栄養の吸収率

一般的に販売されている野菜ジュースとは違い、自家製のジュースは栄養の吸収率はどうなのでしょうか。

加熱処理をすることはない

過程で作る場合は、加熱をする必要はないため、熱に弱い栄養素も破壊することなく取ることができますから、吸収率はよくなります。生の野菜に含まれるビタミンやミネラル、食物繊維、ポリフェノールなどは市販品に比べればよりよく摂取することができるわけですね。

ジューサーやミキサーで壊れる栄養素はないのか

しかし、家庭でジュースを作る際もミキサーなどで粉砕して作るため、必ずしも全ての栄養素の吸収率がよくなるわけではありません。特に、食物繊維は粉砕してもジュースとして摂取するこができません。

ジューサーを使った後に野菜のカスが残ると思いますが、そのほとんどが食物繊維です。

そのため、野菜ジュースで食物繊維を摂取しようと思うとジュースを濾したカスの部分は別に食べるか、ミキサーをやブレンダーを使用して、食物繊維を濾さずに飲まなければなりません。

 

野菜ジュースは胃にたまらないから吸収率が悪いという説

食べ物の栄養を吸収するためには、胃で食べ物を溶かしながら吸収していきます。しかし、野菜ジュース等は水分と同じなので胃で溶かす工程が少なくなるため吸収率が悪くなるという説があります。

本当に野菜ジュースの吸収率は悪いのでしょうか?

実際に国民生活センターで1日に必要な野菜の栄養素を野菜ジュースを飲んだことで補えるかについての研究結果があります。

それによると、野菜ジュースで摂取できるのは1日に必要な栄養量の約20%にもみたなかったことがわかりました。野菜ジュースは栄養が胃で吸収されず尿として水分とでることの方が多いため、吸収率としてはあまり良いとはいえそうにはありませんね。

生野菜ジュースの摂取を勧めているアメリカの医師も存在する

逆に、マイケル・T・マレイ博士によると、自家製の絞りたてのジュースの吸収率の良さを示して、「食べたものは体の中でジュース状になって吸収されるので、最初からジュースとして摂取すると消化のプロセスを助け、質の高い栄養素を短時間で吸収できるのです・・・」(引用:同博士著書『奇跡のジュース』)と説明されています。

ですが、博士によると野菜や果物を食事で摂取する以外にこの≪絞りたてのジュース≫を加えることが健康キープのカギとも解説しています。

 

野菜ジュースで栄養の吸収率をあげるには?

市販の野菜ジュースは加熱、粉砕しているため、摂取できる栄養素と摂取できない栄養素がでてきます。吸収率の高い野菜ジュースを作りたいのであれば、やはり自家製が一番良いと言えますね。

例えば熱に弱い栄養素が入っている野菜は果物は熱を加えずにジュースにして、熱を加えることで栄養素の吸収率があがる栄養素は一度温野菜にしてジュースにするといいでしょう。

それぞれを適した形でジュースにしてミックスするだけで栄養素が豊富な野菜ジュースができます。そして、作りたてを飲むようにすることが栄養を余すことなく摂ることができますね。

また、皆さんがきっと気になっている食物繊維ですが、摂りかたを変えてみてはいかがでしょう。摩り下ろしたリンゴが入ったジュースを飲んだことがありませんか?

それと同じように、カスは絞って捨ててしまわず、ジュースに加えなおし一緒に摂取るするようにしてみてはいかがでしょうか。又は、最初からジューサーではなくミキサーを使うという方法も良いでしょう。こうすることで、全ての栄養が吸収されるようになります。

 

まとめ

野菜ジュースの栄養の吸収率は全てが悪いというわけではありませんでした。作り方や摂取の仕方によっては効果的に栄養を吸収することができるのですね。

現代人は野菜不足の人がほとんどだといわれています。サラダを毎食食べる人もいれば、忙しくて食事もまともにできない人もいるかもしれません。

そんな時には、まったく野菜を摂らないよりも、市販のジュースでも記載されている成分表示もしっかり見て、熱処理していない商品、無添加で食物繊維もしっかり入っている商品、などを選んで、飲むようにしてみてください。

時間がある時には、自分に必要な栄養が入った野菜や果物をブレンドして自家製野菜ジュースを作ることもオススメです。