頭痛しやすい方は野菜不足な方が多い

頭痛が続くという方は、頭痛が持病のように表現されることがよくあります。慢性的な頭痛の原因は医学的にもあまり解明されていないのですが、野菜が不足することで頭痛が起こることがあるのをご存知でしょうか。

「私は頭痛もちだから」とあきらめている方や、「どうしようもない」という方もいらっしゃることでしょう。しかしあなたの頭痛は、もしかしたら慢性的な野菜不足からくる頭痛かもしれません。今回は頭痛と野菜不足の関係についてまとめましたので、解説していきましょう。

どんな頭痛に野菜が関係するのか。

頭痛にも高血圧症や脳腫瘍などが原因で起こるものもあれば、筋肉の緊張などで起こる頭痛もありますね。しかしどんな頭痛にも野菜が効果的というわけではないようです。

頭痛にも種類がある。

頭痛といっても大別するとふたつの種類・原因に分けられるそうです。

:一次性頭痛

一次性頭痛とはとくに明らかな病気があるわけでもないのに、繰り返して起こってしまう・時々起こってしまう頭痛のことを言います。つまり「頭痛もち」とよばれる頭痛はこの一次性頭痛に分類されるのですね。一次性頭痛の特徴ははっきりした原因がわかることが少なく「肩こり」「首周りの筋肉の緊張」「脳の血管の拡張」などの原因によって起こっていると考えられています。

:二次性頭痛

二次性頭痛とはなんらかの病気が原因で起こっている頭痛を言います。二次性頭痛は頭痛の原因となっている病気を治すことで解消されることが解かっているので病気の解消が有効な頭痛の解消手段となります。

 

野菜では病気の治療には効果的ではありませんし、野菜不足が原因で起こってしまう頭痛は【一次性頭痛】のようですね。しかし一次性頭痛に対して野菜がどんな効果を発揮してくれるのでしょうか。

 

野菜不足で起こってしまう頭痛の原因は

病気による頭痛には野菜の効果が得られにくいということは納得できますが、野菜が不足することでなぜ頭痛がおこるのでしょうか。

不足すると頭痛の原因となる栄養素がある

栄養といってもその種類は多く、それぞれの栄養の効果も違いますよね。では頭痛に効果的な関わりのある栄養素にはどんなものがあるのでしょうか。

:マグネシウム

マグネシウムには血液をサラサラにする効果があります。また血管を拡張させることでも血液の流れを改善してくれます。ストレスの解消にも効果があることが解かっており、ストレスによる血管の収縮にも効果が期待できます。

:ビタミンB2・葉酸

“片頭痛のある方にはミトコンドリアがうまく機能していない”という内容の医学論文も発表されています。ミトコンドリアとは細胞を構成するもののひとつです。ビタミンB2・葉酸はミトコンドリアの働きを助けると言われています。

:ビタミンE

ビタミンEは細胞の酸化を予防する働きがあります。「抗酸化作用」というものです。とくに赤血球の細胞膜は酸化に弱く破壊されやすいといわれています。赤血球には酸素や栄養などを全身に運ぶ働きがあります。働ける赤血球が少なければ必要な栄養が不足しがちになるのでビタミンEの抗酸化作用は重要でしょう。

:ビタミンC

ビタミンCにも強い抗酸化作用があります。またビタミンEを再生する働きがあるといわれており、ビタミンE・ビタミンCを一緒に摂取するとさらに効果的だといわれています。

食物繊維も頭痛の改善に有効

「栄養」とは違いますが、食物繊維も頭痛の改善に役立つことがあるというのです。便秘になると溜まった便から栄養だけではなく毒素も発生して血液中に取り込まれてしまうのです。血液で毒素が全身に回ると肩や首などにも毒素がたどり着くと筋肉が硬くなり血液の流れが悪くなって「コリ」からの頭痛を起こしてしまいます。食物繊維は腸を刺激して蠕動運動を促すので便秘の解消に効果的です。このような形でも野菜は頭痛に有効なのです。

つまりこれらの栄養素や食物繊維が不足することで頭痛が起こるのですね。いずれも野菜に含まれるものばかりなので野菜不足で頭痛になる可能性があるのは納得できます。

 

頭痛対策に使える野菜は

不足すると頭痛の原因になりやすい栄養などが解かりましたが、具体的にどのような野菜が効果的なのでしょうか。できるだけ日常的に使いやすい野菜で紹介したいと思います。

ほうれん草

ほうれん草にはビタミンC、ビタミンE、葉酸が含まれておりビタミンCとビタミンEの組み合わせが効果的なのは前に紹介した通りです。また葉酸もビタミンB群の一種でミトコンドリアの働きの促進にも効果的です。サラダにも使えますし、おひたしとしても使えます。

ゴマ

ゴマにはビタミンEが豊富に含まれており抗酸化作用に最適です。ゴマが抗酸化作用に効果的であるということは以前から言われていましたが、それが頭痛の改善につながっているというところまでは紹介されていません。またマグネシウムも多く含まれているので頭痛対策にはもってこいでしょう。入手しやすいことはもちろんですが、いろんな料理にふりかけるだけでも使えるので摂取しやすいのではないでしょうか。

ピーマン

ピーマンにはビタミンC・B2・Eが豊富です。サラダやピザのトッピング、ピーマンの肉詰めなど使い方も多くあるのでお勧めしたい野菜です。

ここに挙げたものに限らず、他にも同じような栄養を含む野菜はたくさんあります。栄養のバランスを考えながら自分が使いやすい野菜から使ってみるのもいいでしょうね。

 

まとめ

これらのように、野菜には頭痛の改善に効果的な栄養が豊富に含まれていたのです。こうやって考えてみると、やはり野菜不足だと頭痛になりやすいというのも納得できますね。むしろ今までが野菜・栄養が改善に役立つとは考えつきもしなかったので、頭痛の改善には首周りや肩のマッサージばかりをしていました。 また、便秘を改善することが頭痛の改善にもつながるかもしれない、というのも驚きでした。野菜は料理には欠かせないうえに、利用しやすいもの。ぜひ普段から摂取していきたいものです。