野菜不足は免疫力の低下を招き病気がちな体になる

最近風邪を引きやすいなど、何かと体調を崩しがちで困ってしまう、というお悩みはありませんか?

同じ環境にいても、病気にかかりやすい人とそうでない人がいますよね。それはやはり「免疫力」の差でもあるといえます。免疫とはどういう仕組みなのか、そして野菜が免疫力をアップし、抵抗力の強い体を作ってくれるのはなぜなのかを詳しくお伝えいたします。

免疫の仕組みとは?

私たちの体内に「自分のものではない異物」が侵入してきた際に、それを発見し、攻撃して排除するシステムを「免疫」といいます。

体内に侵入した異物を排除する仕組み

たとえば、病気の原因となる細菌やウイルスが体内に入りこんだとき、あるいは体内で発生したガン細胞などを発見したときなどに、体の免疫システムはそれらの「異物」を感知し排除します。

その際、特定のウイルスなどに対しては細胞がそれを記憶し、2度めに侵入してきたときにはそのウイルスだけに反応する「抗体」を生産し、撃退します。そのため、一度かかったら抗体ができて、その後はかからない病気もあるのです。

免疫細胞の約6割は腸に存在している!

免疫システムは、その専門の働きをする免疫細胞のおかげで稼働することができています。免疫細胞とは「白血球」のことで、血液中に存在するため体の隅々にまで行きわたり、異物を発見し、排除することができます。

そして、この免疫細胞が体内で最も多く存在するのは、広い面積を持つ腸です。腸にはさまざまなウイルスや細菌などが侵入してくるため、全体の6割ほどの免疫細胞がそこに存在しているとされています。

腸にはたくさんの免疫細胞が控え、日々病原体と戦ってくれているのです。人の体の仕組みは本当によくできていますね。

 

免疫力が低下してしまうと

このような免疫システムの働きが低下してしまうと、免疫細胞が異物を見落としてしまったり、攻撃するのが遅れたりして病気にかかるリスクが高くなってしまいます。

免疫力が低下するとかかりやすくなる病気

たとえば、風邪やインフルエンザなどの感染症、慢性疲労症候群、生活習慣病、ガンなどです。ガンの場合、健康なときには体内では毎日大量に発生しているガン細胞を免疫細胞がすぐに見つけて撃退しています。しかし、免疫力が低下すると発見が遅れてガン細胞が増殖してしまいます。

免疫力低下が引き起こすさまざまな不調

免疫力が低くなると、病気だけではなく体の不調を引き起こす場合もあります。よく寝ていても疲れがとれなかったり、風邪が治りにくかったり、その他何かと体調を崩しやすくなってしまうのです。あるいは、口内炎などができやすくなる、アレルギーの症状が悪化する、などという不調が見られることもあります。

しょっちゅう体の不調を感じたり、病気にかかりやすくなっていたりするときには、やはり免疫力の低下を疑ったほうがよいのかもしれません。

 

なぜ免疫力が低下してしまうのか

免疫力低下の主な原因には、次のようなことがあるとされています。

食事に気を遣わないことによる栄養不足

忙しい現代の生活の中で、食事に気を遣わなくなった人が増えているとされています。現代では、手軽に外食できたり、調理済みの食事をたやすく手に入れられます。その為か、ただ空腹を満たすだけで、栄養バランスを考えずに食べることも多くなっていませんか?

そのような状態では、免疫細胞を作ったり活性化させたりする栄養素や、粘膜を丈夫にするビタミンなどが不足し、結果、免疫力の低下につながってしまいます。

低体温がもたらす血行不良

このような食生活の乱れや、不規則な生活により引き起こされる低体温も原因の一つとされています。免疫細胞は血液中にあって体の隅々まで送られますが、血行が悪くなると全身に行きわたることが難しくなり、異物の侵入に対応できなくなってしまうのです。

その他、睡眠不足やストレスなども自律神経を乱したり、免疫システムを弱めるホルモンの分泌を増加させてしまったり、多岐にわたって免疫のためには不利に働きます。

 

免疫力アップのために野菜が必要な理由

このような免疫力の低下を防ぎ、抵抗力のある丈夫な体を作るために、野菜は強い味方になってくれます。

免疫細胞を活性化させるビタミンが豊富

野菜に多く含まれるビタミンCやβカロテンには抗酸化作用があり、細胞の老化を防いでくれるビタミンです。また、ビタミンCは免疫細胞である白血球が病原菌と戦うのを助ける役目もしています。さらに、βカロテンは皮膚の粘膜を強化してくれるため、鼻やのどなどの粘膜に取り付くウィルスの侵入を防ぐのを助けます。

免疫システムを正常に保ってくれるβグルカン

おもにきのこ類に含まれ、食物繊維の仲間であるβグルカンは、腸内の免疫細胞に働きかけ、活性化して免疫システムの正常化を促すとされています。また、ガン細胞に対する抑制作用や、抗酸化作用も認められている成分です。

腸の働きをよくする食物繊維

先ほども出てきたように免疫細胞の多くは腸に存在するため、腸の働きが悪いと免疫力は低くなってしまいます。腸の働きをよくするには、食物繊維が欠かせないことは、皆さんももうご存知ですね。そして、野菜はそれを豊富に含んでいます。

オリゴ糖を含む野菜が腸内環境を改善する

腸内環境をよくするには、善玉菌である乳酸菌のエサとなるオリゴ糖も必要です。オリゴ糖の多い野菜を食べることで腸内環境が改善され、免疫力アップが期待できます。

抗菌・抗ウィルス作用のある成分を含む

ニラに含まれるアリシン、ネギに含まれるネギオールなど、殺菌作用のある成分を含む野菜もあります。これらの成分は、病原菌が体内に侵入する前に撃退する働きをします。

野菜にはこのように免疫力アップのために必要な栄養分が豊富に含まれています。それゆえ、不足すると抵抗力が落ちてしまうおそれがあるのです。

それでは、免疫力の高い体を作る効果が期待されている野菜をいくつかご紹介しましょう。

 

免疫力を高めるために取りたい野菜とは?

手に入りやすく、調理もしやすい野菜の中にも、免疫力強化が望めるものがあります。

レタス、白菜は白血球を活性化させる

ともに淡色野菜であるレタスと白菜は、ガン細胞を死滅させる物質を生産させる成分や、白血球を活性化させる成分を多く含んでいるとされています。

エシャロットとチコリには豊富なオリゴ糖が!

チコリとハーブの一種であるエシャロットはオリゴ糖をたくさん含んでいます。どちらも生でも食べられるので、サラダなどにも使えます。

オクラやモロヘイヤなど、ネバネバ野菜も効果的

これらの野菜のねばりはムチンという成分によるものです。ムチンは鼻や口などの粘膜の働きをよくしてウイルスなどの病原体の侵入を防ぎます。また、腸の粘膜にも存在し、腸内環境を整えて免疫力を高めるとされています。

きのこ類、オーツ麦などでβグルカンを補給しよう

しいたけ、まいたけなどのきのこ類やオーツ麦(オートミールの原料)は、βグルカンを含む食材です。

体温を上げて血行をよくするショウガ、ニンニク

免疫細胞である白血球が、すみやかに異物を発見したり攻撃したりできるように体中に存在するためには、血行をよくする必要があります。

低体温を解消して血行をよくするには、ショウガやニンニク、唐辛子、長ネギ、大根、ゴボウ、タマネギなど体を温める野菜を食べるとよいでしょう。

殺菌力が強いキャベツでガン細胞を撃退する

強い殺菌力を持つキャベツは、ガン細胞やウィルスなどの病原体の攻撃に効果的とされる野菜です。また、豊富に含まれるビタミンCは抗酸化作用が強力で、細胞のガン化を防ぐ力が期待されています。

同じく殺菌力が強いニラやネギと組み合わせると、最強の料理ができますね。

 

まとめ

野菜が私たちの体を衛る免疫に大きくかかわっていることが分かりましたね。

私たちは常にウイルスや細菌など、病気を引き起こす原因となるものにさらされているといえます。それらをすべて除去することはできないので、病原体に負けない強い免疫力をつけていくことが大切です。

野菜不足のために病気がちになってしまわないよう、今回ご紹介した免疫力アップ効果が期待できる野菜を意識して取ってみてくださいね。

その中でも、その時期に必要な栄養素が豊富な『旬の野菜』を積極的に食べるようにすれば、より健康的な体作りができるに違いありません。