野菜不足はイヤな体臭発生の原因に

初対面の人と会う時、相手のどこが一番記憶に残るでしょう。答えは、「匂い」です。無意識のうちに人間は、嗅覚を一番最後まで記憶に残すのだそうです。

このニオイ、実は食べ物によって体から出る匂いに違いが出ます。特に野菜を食べないとどんどん匂いがキツくなってしまうとか。街ですれ違った時など、うっ、と感じる誰かの体臭 …。まさか自分も?と気に病む前に、野菜を摂ることで防ぐ体臭予防の方法を探ってみませんか?

体から出る匂いのしくみ

人によって、匂いがキツい人と、そうでない人がいるのが不思議ですよね。そもそも、なぜ体臭は発生するのでしょう。その仕組みと、どんな食生活、生活習慣で悪化してしまうのかも注意点から探ってみましょう。

すべての汗がくさい訳ではない

人間の汗は、全身にある毛穴からすべて出てくる訳ではありません。他にも汗腺という器官があり、「エクリン汗腺」、「アポクリン汗腺」とふたつに分かれています。

エクリン汗腺は全身になんと230万個もあるんですね。ここから出るエクリン汗は、わずかに塩分が含まれた他は99%が水。皮膚の表面で蒸発し、体温を調整する役割を果たしています。ちなみにこちらは、無味、無臭。

ふたつ目のアポクリン汗腺が、体臭の原因になる物質が含まれています。ワキの下など体毛のある場所にあり、出口は毛穴と直結しているのですね。たんぱく質や脂質などを含んでいて、動物的な匂いに近づきます。その人からかもし出されるフェロモン、などはもしかしたらこのアポクリン汗腺が関係しているのかも…知れません。

皮脂腺がクセものだった!これが多いと体臭がさらに…

突然ですが、生乾きの洗濯物は、変な匂いがしてくることがありませんか?タオルなどについた皮脂汚れを、細菌が分解する時に悪臭が発生するんですね。

なんと、同じことが人間の皮膚の上でも起こってしまうのです。

汗腺の他に、脂肪分を分泌する器官で皮脂腺があります。そこから出る人間の皮脂と、エクリン汗腺、アポクリン汗腺。これらが混じりあうと皮膚に住み付いている細菌の分解が始まり、強力な匂いを発します。

 

体臭が強くなってしまう食べ物は?

動物性の脂肪を摂りすぎると、ずばり体臭が強くなります。焼肉を食べた次の日など、気になりますよね。なぜ肉類は匂いに強く作用するのか、謎にせまりたいと思います。

動物性たんぱく質が、匂いの元凶

肉や魚などを食べると汗腺や皮脂腺の働きが活発になります。アンモニア、糖質などが分泌され肌の上でも悪玉菌がどんどん増殖。体内でも、紫外線やストレスなどで発生する活性酸素と動物性脂質が絡んで酸化され、より体臭がキツくなってしまう原因に。

腸の中から匂いを消す?

また最近、腸内フローラといって腸の中の細菌コントロールが話題になっていますね。その人の腸内環境の良し悪しによって匂いがそのまま、息となって口から、汗から出てしまうことになります。

 

野菜の天然の消臭成分が効く!

逆に、野菜を摂ることを心がけると体の匂いは変わっていきます。善玉菌が優位な腸は腐敗物やそこから発する匂いも少なく、体の表面も無臭に近づいていくとのこと。

野菜のどんな成分が体臭予防に良いのか、どんな野菜にそのようなチカラがあるのか。順を追って見てみましょう。

野菜とビフィズス菌で体臭を消す

腸の中にいる悪玉菌を減らし、善玉菌を活発にさせる食べ物。ヨーグルトなどに含まれるビフィズス菌は、胃に入ると酸でほとんどが死んでしまうのですね。そこでまずは、ビフィズス菌が温床しやすくなるオリゴ糖を摂るのをおすすめします。

野菜の食物繊維が消臭効果大

熱や胃酸にも強いオリゴ糖。瓶入りの天然オリゴ糖もありますが、野菜から摂ったほうが断然良いのです。その理由は、野菜に含まれる食物繊維にもオリゴ糖が含まれており、野菜のビタミン、ミネラルがプラスの効果を生み出すから。オリゴ糖は水に溶けやすい水溶性の食物繊維のひとつですが、ごぼうなどの不溶性と呼ばれる食物繊維の中にも存在しています。

野菜の栄養分で腸内環境アップ

そして食物繊維にある糖質をエサに繁殖する腸内善玉菌。野菜のベータカロテンなどの栄養によってオリゴ糖の分解が促進され、効率よく善玉菌を増やすことができます。また、水に溶けにくい食物繊維は腸の中の腐敗物などをかき出し、悪臭を吸着して排出する力がありますよ。

 

加齢臭も野菜のビタミン不足で起こる?

年齢を重ねると、気になってくるのが加齢臭。これも、野菜不足による食生活、特に肉食の生活を続けているとさらに匂いやすくなってしまうのです。

動物性脂肪は加齢臭も強くする

主に、ノネナールという物質を抑えることが加齢臭防止につながりますが、これが体内に発生する活性酸素とおおいに関係があるんですね。体内が動物性脂肪過多だと皮脂腺の中にパルミトオレイン酸という脂肪酸がたまりやすくなります。

加齢臭ノネナールを野菜で撃退

パルミトオレイン酸が活性酸素を受け酸化され、ノネナールが発生。そんな悪い脂肪酸の発生を抑えるべく肉類、バターなど脂質を控えるのはもちろん、活性酸素を減らすには野菜のビタミンC、Eを摂ることが大切です。

 

この野菜を食べて、無臭体質に!

体臭の原因になる脂質や酸化物は腸内、また汗腺にもたまりやすいもの。野菜の栄養で体内の老廃物を一掃し、よどみのないピカピカのホースのようなキレイな体を目指しませんか?

その1 にんじん、ブロッコリー

体内に発生する活性酸素は、体臭の原因はもとより老化スピードを早めたりと悪いことばかり。これら酸化を抑制させるには緑黄色野菜を摂ることをおすすめします。にんじんやピーマンなど色の濃い野菜にはベータカロテンという抗酸化物質が豊富。さらに、ブロッコリーなどに含まれるビタミンCと、ほうれん草やかぼちゃなどに含まれるビタミンEは相互に抗酸化作用を高めるので同時に摂るのをおすすめします。

その2 さつまいも、ごぼう

腸内に発生した悪玉菌や腐敗したものを、繊維の力で根こそぎ吸着、排出をうながす食物繊維。野菜の中で多く含まれているのは、やはりゴボウやさつまいも、たけのこなどです。腸内をクリーンにするだけでなく、天然のナトリウム成分の力で血行を良くし冷えにも効果的。全身を温めると、代謝が上がって老廃物も流れやすくなりますね。

その3  長ねぎ、しょうが

食器などについた油汚れが洗剤をつけないと落ちないように、体にこびりついた脂汚れもそのままではなかなか流れません。動物性脂質、もしくは乳製品などを摂ると体内の汗腺やリンパ管で目詰まりを起こし、細菌が繁殖して匂いが発生してしまいます。そんな時には辛味のある野菜の成分で、油をすっきりと落としてしまいましょう。

しょうがや長ねぎなどを食べると、体内で熱が上がり汗が出てきますね。呼吸も活発になり、滞っていた油脂や老廃物、ガスなどを排出させるといいます。

 

まとめ

季節問わずデオドラント商品などで、消臭に気を配る人が多いですよね。エチケットでそれも大事なことですが、何より野菜の栄養、特に抗酸化作用のあるビタミンC、E、そして食物繊維などで体内から匂いの元を断つことが重要なようです。体臭だけでなく、老廃物が少なくなることから美肌やアンチエイジングにもつながりそう。表面でごまかさず、元から匂わない体質になりたいですね。