薄毛に困ってからでは野菜不足を解消しても遅い

薄毛の原因については色々と言われていますが、野菜不足が薄毛の原因の1つになってしまう事を知っていますか?ここでは、野菜でビタミンをたくさん摂取すると薄毛対策になる理由や、どんな野菜を食べると良いのか、毎日どれくらいの量を食べるのが理想なのか、薄毛対策はいつからすれば間に合うのかなどを詳しく説明していきたいと思います。

野菜不足が薄毛の原因になってしまう?

野菜不足が薄毛の原因になってしまうなんて本当なの?そんなの迷信なのでは?とあまり信じていない人も多いのではないかと思います。そこで、どうして野菜不足が薄毛の原因になってしまうと言われているのかについて理由を解説していきます!

髪はたんぱく質から出来ているのに野菜も必要なの?

よく、髪はたんぱく質から出来ていると聞きますね。「たんぱく質なら肉や魚・チーズなどを食べた方が良いのでは?」と考える人も多いでしょう。確かに薄毛対策には肉や魚のようなたんぱく質もとても大切ですが、それと同じくらい野菜も大切なものだと言えます。その理由は、髪を作るときにたんぱく質だけではなくビタミンやミネラルも必要になってくるからなのです。ビタミンを多く含んでいるのは野菜なので、積極的に取り入れて毎日食べてほしいと思います。

野菜には薄毛対策に必要なビタミンがたくさん含まれている!

薄毛対策に必須なのはビタミンだと言うことを知っていますか?髪が生えている地肌や毛根などを元気に保つためにも積極的にビタミンを摂取していかなければいけないのです。また、髪そのものを強くするためにもたくさんの野菜を毎日食べることが大切になってくるでしょう。

薄毛対策に重要なのは緑黄色野菜!

薄毛対策にビタミンが必須と分かりましたので、ここではどの野菜が効果があるのか見ていきましょう。

野菜は緑黄色野菜と淡色野菜と言う種類に分けることが出来ます。その2つの中でも薄毛対策に重要なのは緑黄色野菜だと言えるでしょう。

緑黄色野菜には薄毛対策に必要なビタミンが淡色野菜よりも多く含まれています。ですから、薄毛対策を意識するなら緑黄色野菜を多めに食べてみてはどうでしょうか?

また、緑黄色野菜にはカリウム・カルシウム・鉄分を含んでいるものが多く、健康な体や頭皮・髪を作るのにとっても役立ちます。健康な体や頭皮を作ると同時に活性化酸の除去もしてくれる効果があるので薄毛対策にも重要だと言えます。緑黄色野菜は人参やかぼちゃ、ほうれん草やブロッコリーなどいつでもスーパーで手に入るので摂取しやすそうですよね!

 

薄毛対策に効果的なビタミンと野菜とは

薄毛対策には緑黄色野菜が不可欠ですね。では、この緑黄色野菜にはどんな種類のビタミンが含まれるのでしょうか?

ただやみくもに野菜を食べているのではなく、薄毛対策に効果的なものを選んで食べたいですよね。ここでは薄毛対策に効果的なビタミンとそれを多く含んでいる野菜をご紹介していきます!

薄毛対策の頭皮の成長に大切なのはビタミンA・C・Eだった

薄毛対策に最も大切なビタミンはA・C・Eだと言うことを知っているでしょうか?この4種類のビタミンは頭皮を健康に保ってくれる効果が大きく期待できます。

ビタミンAは頭皮の健康をしっかりと守ってくれる栄養素で、モロヘイヤや人参、バジル、パセリ、春菊などに多く含まれている事が分かっています。

ビタミンCはストレスを回復してくれる大切な栄養素です。頭皮にストレスが溜まってしまうと必要な栄養が十分に渡ることが出来ず、薄毛の原因に繋がってしまう事が知られているのです。ビタミンCが多く含まれている野菜は赤ピーマンや黄ピーマン、パセリ、みずななどがあります。

ビタミンEは頭皮の血行を良くしてくれる栄養素です。血行が良くなると髪の成長を促してくれるので薄毛対策に欠かせないビタミンだと言えるでしょう。落花生やモロヘイヤ、かぼちゃ、ニラなどに多く含まれています。

ビタミンB郡を積極的に摂取するとgood!

ビタミンB郡の中でもビタミンB2・ビタミンB6は薄毛対策に効果があると言えるでしょう。毛母細胞の活動を活発にしてくれる効果があり、発毛の手助けをしてくれると言われています。

また、最も重要視してほしいのはビタミンB7です。ビオチンと呼ばれる事もあり、しっかりと摂取することで頭皮や髪の寿命を延ばしてくれる効果があります。ビオチンはモロヘイヤ、菜の花、大葉、アボカドなどに多く含まれています。ビタミンB2・B6が多く含まれている野菜はにんにく・ししとう、からし菜などがあります。

 

気づいた時から薄毛対策を始めよう!

野菜を摂取すると薄毛対策になると言うお話をしました。

ここで、そろそろ薄毛対策をしようかと思っている人のために、いつから野菜を摂取するようにすればいいのかと言う事をここでお話していきたいと思います。

出来るだけ早くから薄毛対策を開始しよう!

野菜を摂取して薄毛を防ぐ方法は、出来るだけ早くから始めた方がいいと思います。なぜかと言うと、薄毛に困ってから野菜不足を解消して薄毛対策をしようとしても思ったように効果が出ないことが多いからです。

確かに野菜をしっかりと摂取すれば薄毛対策にはなります。ですが、薄くなってしまった髪を元に戻すと言うのは並大抵の努力では難しいと言えるでしょう。ですから、薄くなる前から意識して対策をしていかなければいけないと言う訳なのです。まだ薄毛になる気配が無いからと気を抜いてしまってはいけないと言うことなのですね。

緑黄色野菜を中心に1日350グラムくらい食べよう

どれくらいの量の野菜を食べれば薄毛対策になるのか、と思っている人もいるでしょう。1日の目安は350グラムだと言われています。

生野菜で食べるととても量が多くなってしまうので、加熱してカサを減らして食べてみてください!薄毛対策に良い緑黄色野菜の人参・かぼちゃ・ブロッコリーを使った温野菜などは、ビタミンをしっかりと摂取できるのでおすすめです。温野菜だけじゃなく、自分が食べやすい方法を見つけてしまえば、多いと思っていた量でも、案外楽に食べることができるかもしれませんね。

自分で作るのが面倒なら野菜ジュースを取り入れよう

スープや温野菜・スムージーを作るのが面倒だと言う人も多いのではないでしょうか。手作りできるに越した事はありませんが、もしも無理だと言うのなら野菜ジュースを生活の中に取り入れてみるのも良いでしょう。野菜ジュースを選ぶなら、薄毛対策に効果的なビタミンB郡が入っている事が大切ですので、緑黄色野菜をベースに合成保存料を含まないものをしっかり選びましょう。

また、野菜ジュースの飲み方ですが、冷たいまま飲むよりも温かくして飲んだ方が効果的だと言われています。暖める温度は人肌よりも少し温かいくらいがオススメです。それくらいの温度なら酵素も生きていて栄養素も壊れにくいですよ!

 

まとめ

野菜には薄毛対策になるビタミンが多く含まれています。髪はたんぱく質から出来ているので「たんぱく質を摂取すればいいのでは?」と思われがちですが、髪が生えてくる地肌や毛根を健やかに保つためにも野菜の摂取は大切です。

また、薄毛対策に特におすすめなのは野菜の中でも緑黄色野菜だとわかりましたから、スーパーで簡単に手に入る人参やブロッコリー・かぼちゃなどがありますので、毎日出来るだけ緑黄色野菜を食べて薄毛対策を開始してみてはどうでしょうか。