湿疹などの皮膚病と野菜不足って関係あるの? 

皮膚に湿疹ができてしまうと、見た目も痛々しい感じになる上に、かゆみがひどいなどの不快な思いをしてしまいますね。自分がそうなるのも、家族や子供たちに湿疹ができてしまうのもつらいものです。

湿疹などの皮膚病を防ぐために、その原因や予防方法を知っておくとよいですね。そこで、ここではその原因の一つ「野菜不足」に焦点を当て、皮膚病との関係を解説していきたいと思います。

湿疹はなぜできるのか

「湿疹」とは、皮膚に炎症が起きる病気のことです。
おもにかゆみを伴い、点状または面状に赤くなる症状がよく見られます。かぶれ、脂漏(しろう)性湿疹 、皮脂欠乏性湿疹、主婦湿疹 、アトピー性皮膚炎などがあります。これらの湿疹の原因となるものは大きく分けて次の二つです。

体の中に原因がある

ハウスダストや花粉などのアレルゲンや細菌が原因となる場合や、悪性の腫瘍や糖尿病、腎臓病や肝臓病などによって引き起こされるケースもあります。

外部からの刺激によって起こるかぶれ

外部からのさまざまな刺激が皮膚のバリア機能でも防ぎきれなかった場合、湿疹ができてしまいます。例えば、身の周りにある洗剤や薬品、化粧品などに含まれる成分や、冷たい空気、熱い空気なども刺激になります。

外部からの刺激が原因と特定されている場合には「かぶれ(接触皮膚炎)」と呼びます。原因物質が皮膚に触れて炎症をおこす場合は「接触性」、ある物質にアレルギーを持っている場合は「アレルギー性」といいます。

 

私たちの身の周りには、湿疹の原因がいくらでもあるようです。体の中の原因、特にアレルギーは気になるところですね。これらを少しでも減らせるように工夫するために、どうしたら予防できるかを考えてみました。

 

湿疹を予防するために

湿疹を予防するための方法を知っておけば、不快な症状や見た目の悪さにつらい思いをさせられることも減らせるはずです。

原因物質を避ける

何かが皮膚に接触したり、アレルゲンとなるようなものが体内に入ってしまったりしたあと湿疹ができたら、それらのものを避ける工夫をすることが必要になってきます。

例えば、洗剤や薬品などは、自分に合うものを探す、また、直接皮膚につかないように手袋などを使用します。なるべく肌を出さずに守ることも効果的です。夏場も薄手の長袖や長ズボンなどを着るほうがよいですね。花粉やハウスダストなどのアレルゲンは吸って体内に入れてしまわないよう、マスクの着用や空気清浄機の設置、こまめな掃除などが必要です。

皮膚のバリア機能を強くする

皮膚にはバリア機能の働きをする皮脂膜や角質層がありますが、乾燥などによりこれらの働きが弱ってしまうと、湿疹も起きやすくなります。バリア機能を強化するには、規則正しい生活、栄養バランスの取れた食生活が効果的です。

また、皮膚のバリア機能を強化する食品には野菜があります。野菜が不足するとバリアが弱り、皮膚病につながる可能性が高いのです。毎日の生活の中で野菜を多めに取ることが、湿疹を予防することにもつながります。

 

バリア機能を強化するには?

バリア機能にはアレルゲンの侵入を防ぎ、アトピーなどによる肌のかゆみや炎症を防ぐ働きもあります。この機能を強化するにはどうすればよいのでしょうか。

野菜を取って角質層のターンオーバーを正常に

肌のターンオーバーを正常に保つには、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛などのビタミンやミネラルが欠かせません。これらを多く含んだ野菜をたくさん取るように心がけるとよいでしょう。

保湿力をアップする

また、ビタミンA、ビタミンB群、亜鉛、セラミドなどには乾燥肌を防ぐ働きもあるため、バリア機能を正常に保ち、湿疹の予防に役立ちます。野菜には肌のターンオーバーを正常にするだけではなく、肌の保湿力をアップする成分も含まれています。

 

湿疹を防ぐためのおすすめ野菜

それでは、具体的にはどんな野菜をとったらよいのか、おすすめのものをいくつかご紹介します。

アトピー性皮膚炎の症状を抑える働きがあるレタス

コラーゲンを生成する働きのあるビタミンCや、肌の老化を防ぐビタミンEを含む野菜です。また、チオレドキシンという成分が炎症を抑え、アトピー性皮膚炎の症状を緩和する働きがあるとされています。

ビタミン類、亜鉛を含むそら豆

ビタミンCやビタミンB群、亜鉛などを含んでいます。ビタミンB2は湿疹の予防の働きがあるとされ、亜鉛は皮膚の新陳代謝を活発にするミネラルです。

肌のバリアの働きを保つブロッコリー

保湿力を高め、外部の刺激から肌を守るバリアの働きを保つ成分、セラミドを含みます。ビタミン類、ミネラルも豊富で肌の強い味方です。

コラーゲン生成のために必要なニンニク

肌のバリア機能の一部であり、肌の弾力を保つ働きがある「真皮」の約70%はコラーゲンだとされています。そのコラーゲンをつくるために必要な硫黄を摂取することができるのが、ニンニクなのです。

ヒアルロン酸を含む山芋

強力な保湿力で肌の潤いを保ち、湿疹の原因になる乾燥を防ぐヒアルロン酸が含まれています。

他にもアルギニン、ムチンといった成分にも肌の保湿力を高めてくれる働きがあるとされています。これら以外にもほとんどの野菜にビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富に含まれていますので、いろいろな種類のものをバランスよく取るのが理想的ですね。

 

栄養素の吸収率を高める食べ方

野菜を取る際に調理法や食べ方に気をつけると、含まれている栄養素の損失を少なくしてより多くを摂取することができます。

熱や酸素に弱いビタミンC

水に溶けやすい、酸素に触れると損失しやすい、熱に弱いなどの特徴があるため、なるべく生で食べたり食べる直前に切ったりしましょう。ただ、生野菜を食べ過ぎると体を冷やして血行が悪くなり、肌のためにもよくないとされているため適量を心がけ、あとは煮物など温野菜にして食べるほうがよいとされています。

その際も加熱時間を短くしたり、煮汁に溶け出ているビタミンCも一緒に食べられるようなメニューにしたりと工夫してみてください。体内に蓄えることのできないビタミンですので、毎日補給する必要があります。

油によく溶けるビタミンAやE

こちらは脂溶性で油分に溶けるため、油を使って炒めものにすると吸収の効率がよくなります。

また、脂溶性のビタミンは体内に貯えることもできます。ビタミンCは細胞内のビタミンEが酸化してしまった際に元に戻してくれるので、一緒に取るようにするのがおすすめです。

カフェインやアルコールを減らす

カフェインは摂り過ぎるとビタミンやミネラルを排出してしまいます。

また、血管を収縮させる作用があるため、肌が荒れてしまうことも。アルコールに関しては、分解するために水分を必要とするので、肌の水分が欠乏する状態を招く恐れがあります。

スムージーも噛んで飲む

とても手軽に作れ、野菜を加熱せずにたくさん取ることができるスムージーですが、難点は噛まないので唾液に含まれる消化酵素が分泌しないことです。そうなると、消化吸収が充分になされなくなってしまいます。

スムージーを飲むときにも噛むようにして飲めば、唾液が分泌して吸収がよくなるとされています。せっかく野菜からとった栄養素を効率よく吸収できるよう、これらのことを頭に入れておきたいですね。

 

まとめ

健康な肌を作るためには、野菜に含まれる栄養素が必要なことが分かりました。これらの栄養素をサプリメントで取るという方法もあるのですが、添加物や体にあまりよくない成分が含まれている場合もあることが懸念されています。

それよりも、毎日の食事で野菜を多く取るように心がけるほうがより健康的で、皮膚病予防のみならず美肌効果もアップできるでしょう。とくに旬の野菜には、それ以外の時期のものよりも栄養素や酵素が何倍も多く含まれていますので、ぜひその時期の旬の野菜をたくさん取るようにしてくださいね。