蕁麻疹になりやすいのは野菜不足からか?

蕁麻疹になりやすく、何度も繰り返すけれど原因が分からない、という方いらっしゃいませんか?その原因、野菜不足かもしれません。実は野菜には、蕁麻疹を改善するために必要な栄養素が多く含まれているのです。それでは、蕁麻疹の原因や、野菜不足との関係、蕁麻疹改善に役立つ野菜について詳しくご紹介します。

蕁麻疹について

まずは蕁麻疹とは一体どんなものなのか、その定義や種類、原因についてみていきましょう。

蕁麻疹ってどんなもの?

皮膚は外側から表皮・真皮・皮下脂肪織と分けられていますが、蕁麻疹は真皮という部分の上層に起こる発疹のことで、短時間(通常1~数時間)で痕を残さず消えることが特徴です。蕁麻疹で起こる発疹は膨疹(ぼうしん)と呼ばれ、真皮上層の一過性のむくみで、かゆみを伴います。

急性蕁麻疹と慢性蕁麻疹

蕁麻疹を大きなくくりで分類すると、急性蕁麻疹と慢性蕁麻疹に分けられます。

<急性蕁麻疹>は1ヶ月くらいは繰り返すけれど、その後は出なくなる蕁麻疹のことです。原因が不明のものも多いですが、ほとんどがアレルギーによるものといわれています。

<慢性蕁麻疹>は、1ヶ月以上繰り返し起こり、アレルギーによるものではないことが多いです。

アレルギー性蕁麻疹

蕁麻疹は色々な影響を受けて発生します。良く知られているのはアレルギー性蕁麻疹と呼ばれる、アレルギー反応によるものです。この場合はアレルゲンと呼ばれるアレルギーを引き起こす原因があります。アレルゲンは食物や薬剤が多いです。

非アレルギー性蕁麻疹

アレルギー以外の原因による蕁麻疹の種類はとてもたくさんあります。例えば、寒冷蕁麻疹と呼ばれる寒冷刺激によるものや、逆に温熱蕁麻疹といって温熱刺激によるもの、また、ストレスなどの精神的負担による心因性蕁麻疹、なんらかの物質に接触した際に起こる接触蕁麻疹などです。さらに、発汗を伴う運動や感情的興奮で誘発されるコリン性蕁麻疹などというものもあります。蕁麻疹は原因不明の場合も多く、その場合は特発性蕁麻疹と呼ばれています。

蕁麻疹の原因

では、どうして蕁麻疹が起こるのでしょうか?蕁麻疹が起こる作用を簡単に説明すると、アレルゲンをはじめとする何らかの原因で、皮膚の血管の周りにある肥満細胞というところから、ヒスタミンなどの化学伝達物質が分泌されます。血管がその成分に反応すると真皮にむくみが生じて膨疹が作られる、という流れです。免疫力が低下するとヒスタミンが分泌されやすくなるともいわれています。つまり、このヒスタミンという化学物質が出ないようにすれば、蕁麻疹も防げるということです。

 

野菜に含まれる蕁麻疹に良い栄養素

野菜不足になると蕁麻疹が起こるといわれる理由は、ヒスタミンを抑える働きや皮膚の健康を保つ働き、免疫力を高める働きのある栄養素を含む野菜が多いからです。これらの栄養素を摂取することで、蕁麻疹を抑制したり、症状を和らげる効果が期待できます。では、どんな栄養素があるのでしょうか。

メチオニン

ヒスタミンを抑える効果があるのはメチオニンという栄養素で、ヒスタミンの血中濃度を下げてくれる作用があります。つまり、メチオニンを多く含む野菜が不足することで、ヒスタミンの血中濃度が上がり、蕁麻疹が引き起こされる可能性が高くなるということです。

ポリフェノール

ポリフェノールというとワインを連想しがちですが、野菜にも含まれています。ヒスタミンが分泌されると炎症が起こります。炎症が起こると活性酸素が発生し、さらに炎症反応を増大させ、症状を酷くします。ポリフェノールにはこの活性酸素から守る抗酸化作用という働きや、ヒスタミンを抑える作用もあるといわれています。

ビタミンB2

ビタミンB2にはポリフェノールと同じような抗酸化作用があり、体内の活性酸素を取り除く働きがあります。さらに、脂質が細胞膜や粘膜の材料となるのを助けて、身体の細胞を再生させるのに必要となります。爪や毛根、皮膚などの健康を保つ働きがあります。

ビタミンB6

ビタミンB6には体中にタンパク質(アミノ酸)を届ける働きがあり、皮膚の新陳代謝に影響しています。これによって皮膚の健康を保っており、不足すると肌荒れや皮膚炎を引き起こします。また、ビタミンB6は免疫グロブリンという抗体のもとであり、免疫力を高める働きもあります。

ビタミンA

ビタミンAは皮膚や粘膜を強化する働きがあります。さらに、リンパ細胞の働きを強化して免疫細胞の働きを活発にする作用があるほか、抗酸化作用も期待できます。

ビタミンC

ビタミンCは皮膚や筋肉などの細胞を結合させるために必要なコラーゲンを作ります。これにより皮膚の健康を保っています。ヒスタミンの分泌を抑制する働きもあります。また、インターフェロンという免疫に重要な物質の生成を促進する効果もあり、免疫力を高める働きがあります。

ビタミンE

ビタミンEは毛細血管の血流を良くして皮膚の抵抗力を高めます。また、抗酸化作用も期待できます。抗体の産生を高める作用もあり、免疫力を高める働きもあります。

こんなにたくさんの栄養素が野菜には含まれているんですね。同時に、野菜不足でビタミンが欠けるということは蕁麻疹が出ても仕方のない状況を作っていると言えそうです。

 

蕁麻疹に良い野菜

では、蕁麻疹に効果のある栄養素を含む野菜には、どんなものがあるのでしょうか。具体的にみていきましょう。

メチオニンを含む野菜

メチオニンは魚介類に多く含まれます。
野菜では、枝豆や乾燥かんぴょう、ほうれん草、大根の葉、ブロッコリーなどに含まれています。

ポリフェノールを含む野菜

ポリフェノールはコーヒーや緑茶、ワインなどに多く含まれます。
野菜では、トマト、ごぼう、ほうれん草、ブロッコリーなどに含まれています。

ビタミンB2を含む野菜

ビタミンB2はレバーや海苔などに多く含まれます。
野菜では、しめじや舞茸などのきのこ類、モロヘイヤ、豆苗、菜花などに含まれます。

ビタミンB6を含む野菜

ビタミンB6は魚や肉に多く含まれます。
野菜では、にんにくに特に多く含まれ、他にはししとうや唐辛子、赤ピーマンやモロヘイヤなどに含まれています。

ビタミンAを含む野菜

ビタミンAはレバーやあんきも、バター、卵などに多く含まれます。
野菜では、モロヘイヤ、パセリ、にんじん、よもぎ、明日葉、豆苗などに含まれています。

ビタミンCを含む野菜

ビタミンCは野菜に特に多く含まれる栄養素です。
代表的なのは、パプリカ、パセリ、唐辛子、芽キャベツ、ピーマン、ブロッコリーなどです。また、果物にも多く含まれ、アセロラや柚子、柿、キウイフルーツなどが代表的です。

ビタミンEを含む野菜

ビタミンEは油脂に多く含まれており、ひまわり油などの油や、ナッツ類に多く含まれます。
野菜では、落花生やゴマ、モロヘイヤ、パプリカなどに含まれています。

 

どんな野菜を食べたらよいのだろうと迷うものの、よく見てみると市場に良く出回っている野菜がほとんどです。つまり、スーパーなどで手に入れやすい果物、野菜を務めて摂取してゆくのが一番簡単な野菜不足解消方法かもしれません。

簡単に食生活に組み入れやすいのは、サラダ、具だくさん味噌汁、煮物・・・おススメですので是非試してみてください。

 

まとめ

蕁麻疹と野菜不足の関係についてご理解いただけたでしょうか?野菜が不足するとさまざまな栄養素が不足し、身体のあちこちに影響が出ます。蕁麻疹になりやすくて悩んでいる方も、もしかしたら野菜不足が原因かもしれません。

もちろん、野菜だけ食べるのではなく、バランスの良い食生活を送ることをお勧めします。野菜不足を解消し、蕁麻疹が改善されることを祈っています。